毎日iPhone5台で実測!ドコモ光vsホームルーターhome5G

【快適通信(Wi-Fi)】「上り」「下り」どんな速度? ~単位はMbps~

Wi-Fi 上りと下り どんな速度?

【ドコモ光】最大20,000円キャッシュバック!

【Proronの体験談】

パソコン講師の授業中、ほとんど生徒さんはバラバラな勉強をしています。

Aさんは「Word」、Bさんは「Excel」、Cさんは夏から「年賀状準備←これが一番の目標多い」、Dさんは「資格試験の模試」、Eさんは「パワーポイントで会社の資料作成」、Fさんは「デジカメでみなさん撮って喜んでる」
こんな感じで、50分授業で15人見るのです。
10分で入れ替え時間。

マンネリ化して飽きないように、たまに集団授業にします。

その1つでこの通信速度の話をして「上り」と「下り」の説明をしました。

長年教えていると、これは10分で終わるだろうなぁと予想できます。
しかし、その予想が大きく外れて、この「上り」と「下り」がなかなか終われなくて、質問も入れると、なんと3日も授業をしたので、よく覚えています。

生徒さんに「わかりましたか?」と最初に聞いたら、みなさん「はい」とは言うのですが、わかっていない顔で・・・

それだけなら、そのまま授業進めるのですが、明らかに、なにか聞きたそうな顔なんですね。

平日昼間に来れる生徒さんは、年配や主婦の方、さらには一人暮らしの方も多いのです。
唯一、1日の会話が私とだけ・・・こういう生徒さんも多いので、パソコンというより、楽しみを求めて来てる。そこで、「上り」と「下り」の話の先には、「Youtube」や「Amazon Prime」などの映画、LINEやFacebook、Instagram、TwitterなどのSNSに繋がる話。
そういうのをしてみたいとなかなか言いにくいけど、言ってくれないかなぁだったんです。そして、この授業以降、生徒さん同士でのあの映画おもしろかったよ!という会話が増えて、LINE交換も増えて、私は練習相手10分の入れ替え時間で帰ってくれなくなりましたが・・・
生徒さんの笑顔が増えて、すごくよかったです。

インターネットを快適に利用するには、どれくらいの通信速度がいいの?
そうですね。
気になるところですね。
用途別に「上り」と「下り」に分けて説明していきましょう。

【ドコモ光】最大20,000円キャッシュバック!

「上り」の速度とは・・・

データをアップデートすることが「上り」です。
わかりやすく言うと、なにかを送信(アップ)することです。
例えば、
  • Youtubeに動画投稿すること。←これだと「上り」がイメージしやすいですね。
  • ライブ配信
  • メールの送信
  • LINEの送信
  • SNSなどへの書き込み
など

「下り」の速度とは・・・

データを受信すること、ダウンロードすることが「下り」です。
  • Youtubeの動画を見ること←これだと「下り」がイメージしやすいですね。
  • Amazon PrimeVideo
  • NETFLIX
  • hulu
  • dTV
  • dアニメスタジオ
  • Disney+
  • U-NEXT
  • GYAO
などたくさんありますね。
  • メールの受信
  • ネットで検索して、サイトを見るのも「下り」です。

【ドコモ光】最大20,000円キャッシュバック!

「上り」と「下り」の違いはわかったけど、通信速度の単位ってどんなの?
通信速度を表す単位は、「bps」(ビーピーエスと読みます)
これは、1秒間に通信できる通信量のことです。
大きい数字ほど、速くなります。

「上り」の用途別の快適に使える速度は・・・

メールやLINE、SNSへの文字の投稿   1Mbps

メールやLINE、SNSへの写真の投稿   3Mbps

SNSへの動画アップロード       10Mbps

「下り」の用途別の快適に使える速度とは・・・

メールやLINE、SNSへの文字を読む   1Mbps
YouTube動画を見る(720p)      3Mbps
YouTube動画を見る(1080p)     5Mbps
4K動画の再生             25Mbps
こんな感じです。
動いていない文字より、動いている動画の方が、
快適に見るなら速度も必要。
動画も、もっときれいに見たいとなると、
それだけ速度も大幅に多く必要になっていきます。
これを、パケット契約が少ないスマホで、回線でパケットを消費して動画を見ると、すぐにパケットの残りがなくなって低速になってしまったりして大変です。
外で、パケットを気にせず動画を見たいなら、
パケット無制限が安心。
家の中とかWi-Fi環境があるところだと、
パケットを気にせず快適で安心。
そのWi-Fiにも、いちばん速い光回線とか種類があります。

【ドコモ光】最大20,000円キャッシュバック!

そして、注意としては、
ネット契約時に書かれているのは、「最大通信速度」(いちばん速い時のこと)です。実際に、スピードテストをすると、表示されている速度の3~6割ほどのこともあります。

これは、回線の来ている場所や建物の構造などで、変わります。
それから、混雑する時間帯、夜や休日とかはネットしたくなる時間帯。
そういう時間帯には、アクセス集中して、遅くなったりもします。
この辺りは、新しい周波帯も増えてどんどん改良途上ですね。

【ドコモ光】最大20,000円キャッシュバック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA